セブンウォーターは高濃度水素水

「セブンウォーター」

セブンイレブンではありません!
セブンウォーターは、7つの水ではありません。
溶存水素濃度が7.0ppmだから、セブンウォーターなんです!

とかってに決めつけていますが、本当の由来は知りません・・・

セブンウォーターは、溶存水素濃度が7.0ppmの超過飽和の水素水です。
自然界では、1.6ppm程度しかないと思います。
それは、水素の飽和値が1.6ppmだからです。
これは、常温で通常気圧の場合です。
1気圧20度くらいのところでってことですね。
温度が低くなるともっと濃度が濃くなりますし、気圧が高くなればそれでも濃度は濃く出来ます。

セブンウォーターは、常温で気圧を上げることによって濃度を濃くすることが出来ます。
ペットボトルで作るのですけど、それが4気圧くらいになるそうです。
そして、そこに水素ばっかり詰め込むので、4気圧で7.0ppmまで上がるそうです。
すごいですよね。

かなりの高濃度水素水です。
今のところ、セブンウォーターとアキュエラ水素水が、7.0ppmです。
それ以上の水素水は今はないのですが、高濃度の水素水、飲んでおきましょう。

美容と健康の為にもね。