我々は、お酒に強いのが自尊心だ。ですがそれ以上

我々は、お酒に強いのが自尊心だ。
ですがそれ以上に、酒に酔っぱらうか酔わないかを自分である程度コントロールできるのが、自尊心だ。
基本的には面白くお酒を呑んでいるときは、喜ばしい具合に酔って場所に馴染めます。
近所との他愛のない話や、ダディーだらけの打ち上げ、母親との社交の場所。
様々な状況で、自分が面白いと感じるときはお酒で良い気分になって、いくらでも飲み、酔っぱらうことが出来ます。
但し反対に、サロンの打ち上げや、今一近しくない人物との飲みの台では、一瞬で酒が回ります。
ぜんぜんガード本能が動くかのように、少しの酒で私の脳は大きく揺れ始めます。
そうして呂律が回らなくなったり、足下がおぼつかなくなったり、なかには嘔吐したりします。
すると、予め二度とこれ以上は呑ませられないという周囲の決断から、飲みの台から敗北させられます。
これにより、行きたくも弱い二次会や、親分との飲みの時刻を失くすことが出来ます。
やはり、社会人としてはちょっと困ったガード策でもありますが、明日のセールスに響くよりはずっと楽でしょう。
VIO医療脱毛なら銀座で

お酒は何より面白く飲み、面白く酔っぱらうのが一番なのですから。