ピアノは個人の音調を奏でてくれる、いわば自ら展示

ピアノは個人の音調を奏でてくれる、いわば自ら展示の具と同じです。
ピアノをやっているお客であれば分かると思いますが定期的に調律をしていないって音が狂ったとも聞こえることがあります。
これはピアノ自身の中にある弦が緩んだり、水分が関連だったりもします。
料理がされていないピアノは、いよいよその人のピアノを聞くお客はこの音調なんだと納得をするでしょう。
但し、弾いているそのものや、ピアニストの音をしょっちゅう近くで聴いているお客は何か変だと感じるわけです。
たとえば小さい頃から調律のされていないピアノで学習をしているとドレミの音が種別が付かなくなることもあり、音感が自分につき易いと言われている3年代?6年代くらいの子供には下手だ。
それで学習をする際には1年に一度くらいは調律を通して、しっかりした音での学習をした方が良いですね。
ピアノはかりに激しいピアニストも人のイミテーションを完全に真似することはできません。
弾いているそのものだけが感じることができる感受性が必要です。
その感受性を身に付けるためにはドレミの音がしっかりと把握できるピアノで学習をしてもらいたいのです。つむじの薄さを補って!