肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないもの使おう!

毎日使う肌の手入れ化粧品で重要なのは、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まないものを最も大事です。

たとえば保存料などは大変刺激が強くかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、どのようなものが使われているのか、しっかり確認することが大事です。また、安いからといって安易に選ばず自分に合う物を選ぶことが大事です。肌の肌の手入れにも順番というものがあります。
きちんと順番通りに使わないと、効果を実感することができません。

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌を潤しましょう。美容液を使用するのは基本である化粧水の次に使いましょう。

最後に乳液、クリームとつけていくのが正しい順番で、肌にしっかり水分を与えてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

世間には、お手入れは必要無いという人がいます。いわゆるお手入れを何もせず肌そのものがもつ保湿力を無くさないようにしていくという考え方です。では、メイク後はどうしたら良いでしょうか。

クレンジングははぶけません。

クレンジングの後、肌を無防備にしておくと肌はみるみる乾燥していきます。

肌断食をたまに経験指せるのもいいですが、肌とよく相談をして、肌の手入れすることをお薦めします。

ピューレパール

big and treat
良い男、良い女、良い人間